2006年09月11日

ジョン・グリシャム作品で英語学習

The Firm
The FirmJohn Grisham

おすすめ平均
stars初めてこの人のを読みましたが・・・
starsこんな会社本当にあるかも
stars読みやすい!
stars何回読んでも楽しめる一冊!
starsWhat the hell!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Firm John Grisham 法律事務所 ジョン・グリシャム


The Client(Penguin Readers:Level4)
The Client(Penguin Readers:Level4)John Grisham Janet McAlpin

おすすめ平均
stars分かり易い、読みやすい、面白い。。。
starsワンパターン
stars人物描写がていねいで読後感もさわやか
starsお勧めの読み方の一つとして
stars簡単法律サスペンス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



The Client John Grisham 依頼人 ジョン・グリシャム


アメリカで一番人気のあるエンターテイメント作家と言えば、
ジョン・グリシャムでしょう。彼はもともと弁護士で下院議員もやって
いました。

ザ・ファームが800万部以上売れ、今や、初版で250万部
刷られるそうです。出せば絶対ベストセラーです。

あなたにアメリカ人のお友達が10人ぐらいいるならば、
そのうち1人ぐらいは、はまったことがあるはずです。

また、アメリカの国内線に乗ると機内でかならず一人は読んでいます。

ジョン・グリシャムは、なぜ売れるのか?について、
作家みずからが答えています――「無実の人が陰謀に巻き込まれ、
そしてそこから脱出する」このようなストーリーがみんな好きなんだろう。

その売れるツボをおさえたグリシャムは、このストーリー展開を
毎回貫きとおしているようです。ときにワンパターンと言われますが、
しかし、読むとはまってしまうところが、くやしいところです。
売れる本ってこんな感じなのね〜という勉強にもなります。

洋書の入り口としてもオススメです。
また、アメリカ人とビジネスをしている人は、一冊ぐらい読んでおくと
話のネタになるでしょう(笑)

あ、それと、日本でも陪審員制度が導入されるようですから、
日本の将来をイメージして、アメリカの裁判事情をのぞきみるのも
面白いと思います。

映画化された作品です↓

『評決のとき』、『依頼人』、『ペリカン文書』、『ニューオーリンズ・トライアル』、『ザ・ファーム/法律事務所』

ひとつぐらいは、みたことありますよね。


posted by ディビッド・ヒラキ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23585029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。