2006年09月13日

A REAL KEEPER

弟が家族に新しい彼女を紹介してくれました。
彼女が帰ったあと、弟は家族に「彼女どうだった?」と訊きます。
家族は口をそろえて言いました。

She's a real keeper!

a real keeper とは、どのような意味でしょうか?

------------------------------------------------------------


My brother's got a real keeper.

a real keeper は、弟の彼女のことを指しています。
「彼女は、絶対とっておいたほうがいい人」という意味です。

つまり、例文は、「私の弟は最高にいい彼女をものにした」という意味に
なります。keeper ですから、ふったりしないで大事にしなくては
いけません。(この設定の場合、家族に紹介していますから、結婚相手
(候補)としてとっておいたほうがいい、という含みも感じられます。)

【注】辞書には、brother's keeper = 兄弟に対して責任を負う者、
とありますが、ここではそのような意味では使われていません。

日本語でも、大事にとっておきたいものに対して「それ、キープね」と
言ったりしますが、ニュアンスは同じです。

辞書には、That's a keeper. =「それはいい考えだ」とありますが、
keeper は、「考え」だけではなく、キープしておきたいもの、
とっておく価値のある、あらゆるものに対して使われます。


音声サンプル

Hey, my brother's got a real keeper. Not of wine but... he just met this woman and she's great, she's really cool, nice gal, she's got a good job and we all met her and said “Hey Jeff, she's a real keeper!"


それでは、She's a real keeper.の反対は何でしょうか?

She's a real keeper. の反対を、She's a real loser. と
表現する場合があります。

She's a real loser.を、そのまま、「彼女は負け女だ」とか、「彼女は
ダメ女」とか、「彼女は破産者だ」と訳してしまいがちです。
しかし、これはあまりにも杓子定規な訳し方で、ニュアンスが
つかみきれていません。(この誤解は非常に多い)

この場合、She's a real keeper.に対して使われているので、
「彼女はとっておく価値がない」つまり、「捨てたほうがいい」、
言い換えると、「彼女は絶対別れたほうがいい(ふったほうがいい」と
いう意味(ニュアンス)になります。

【注】音声は2006年9月20日まで視聴可能です。

【英会話の達人インターネット通信講座CD2−1より】


posted by ディビッド・ヒラキ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信講座より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。