2006年10月20日

知らない単語からひろがる可能性

言葉をどんどん覚えていく子供は、「質問中毒」になっています。
小学一年の娘は、最近、質問ばかりして私を困らせます。

「むざいって、どういうこと?」

「え、無罪? 罪が無いってことだよ」

「つみって、 どういうこと?」

「えーと…」

答えは、新たな質問を生み、なかなか「納得」までたどりつきません。
お父さんも「汗だく」です。

しかし、このプロセスを繰り返すことで、新しい言葉がどんどん
「インプット」されていくようです。

私たちは、大人になると語彙を増やすという作業をやらなくなります。
なぜなら、ある程度理解できているのことに満足してしまうこと、
そして、知らない単語を調べるのが面倒だからです。

しかし、それでは語彙は増えないですし、言語能力は伸びません。
常に100%の理解を目指していくところに上達があるのです。
 
よく、「言葉で表現できることは限られている」といいますが、
それ以前に、私たちは、言葉の可能性を100%使い切っていない
のではないでしょうか。

言葉の可能性を増やすと、自由になれます。
つまり、表現したいことが、どんどん表現できるようになります。

英語も語彙を増やせば増やすほど、書いたり、話したり、聞き取ったり
するのが楽になってきます。ストレスが無くなってきます。

さて、大人が語彙を増やすには、おじいちゃんに訊くのではなく、
「辞書」を使います。

ある程度英語ができるようになったら――そうですね…TOEIC800点
くらいになったら、英英辞典を使って、知らない単語を調べてみては
いかがでしょうか?

知らない単語が、英語で説明されている――難しそうです。

しかし、面白い遊びができるのです。たとえば、知らない単語の定義
(説明)の中に知らない単語があったとします。
そしたら、それを英英辞典でまた調べる。

これを繰り返していくと、何度も調べることになりますが、
最後に「納得」までたどりつきます。

これは、先ほど子供に、「無罪」という言葉を教えたときと同じ
プロセスです。「無罪」という言葉だけでなく、「罪」という言葉も
覚えられる。反対の「有罪」有罪という言葉も覚えられる。
さらに、「有無」という言葉も分かる。さらに、「有る」「無い」と
いう表現も覚えられる。

このように連鎖して色々な表現が覚えられます。
まさしく、一つの知らなかった単語に無限の可能性があるのです。

このようなプロセスをあとでノートにまとめると、知らない単語ひとつ
からものすごく可能性が広がっていきます。これを、遊び感覚で
やるのです。

また、このプロセスで、どうしても分からないことも出てきます。

たとえば、前回のメルマガで、fat という言葉を取り上げましたが、
これを英英辞典で調べると、overweight であったり、plump であったり、
chubby という言葉も出てきます。

どうやら、これらの言葉は、同じように使われているらしい。
でも、どんなニュアンスの違いがあるのだろう?

こういった疑問が出てきます。

もちろんそのときに深入りして調べることもできますが、
時間がないときは、ペンディングリスト(後で探求することリスト)に
入れておきましょう。

すでに、その質問に対するスイッチがオンになっているので、
シンクロニシティが起きて、どこかでその答えと巡り合えるはずです。
(意識しているので、気づきやすくなる)

こうしたプロセスを通して、語彙が豊富になっていくのです。

最後にオンラインで使える英英辞典を一つ紹介しましょう。

ワンルック・ディクショナリー・サーチ
http://www.onelook.com/

数々のオンライン英英辞典サイトを横断検索してくれます。
実際の辞書を何冊もめくるのは大変ですが、これなら知らない単語を
入力するだけで自動で調べてくれます。あとはクリックするだけです。

翻訳家も使っています。

あれ? 今日はずいぶん話が長くなってしまいました。
これくらいにしておきましょう。


【英会話の達人インターネット通信講座】

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html



posted by ディビッド・ヒラキ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25801020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。