2006年12月12日

車をpull over するとは?

車を運転していて助手席の彼女がPull over! と言いました。
さて、あなたはどうすればよいのでしょうか?

音声講座

-------------------------------------------

ポイント

●pull over のpull の語源
●「車をとめて」と言いたいときは、stopを使わない。
●駐車する場合は?
●「路肩」を英語でなんというか?

-------------------------------------------

車を運転していて助手席の彼女がPull over! と言いました。
さて、あなたはどうすればよいのでしょうか?

これは、「車をとめて!」という意味です。

しかし、「車をとめる」といっても、
道の真ん中に車をとめるわけではありません。
路肩(道のへり)に車をとめるのです。

pull over は、「車をわきに寄せて!」と訳される場合もありますが、
ふつうは「とめて!」と短く意訳されます。

たとえば、タクシーなどに乗っていて、
車をとめてほしい場合もpull over を使えます。

ところで、日本人が「とめる」という言葉で思い浮かべるのは、
stop です。しかし、車をとめる場合に、stop はふつう使われません。

仮にstop! と叫べば、
運転手はびっくりして道の真ん中で急ブレーキを踏むかもしれません。
(たいていの場合は、stop と言っても、路肩にとめてくれますが・・・)

路肩にとめた車を、道路に進入させ、
その流れに入っていくときは、pull in を使います。

逆に、道路から外れて、ガソリンスタンドなどに入るときは、
pull out を使います。

(しかし厳密には、道路の流れを基点とみているか、道路から
外れたところを基点とみているかで、pull out と、pull in は、
入れ替わる場合があります。つまり、「ガソリンスタンドから
出る」という見方をすれば、pull out が使われます。)

同様に、駐車スペースに車を入れるときは、pull in を使い、
車を出す場合は、pull out を使います。

ところで、pull といえば、「引く」という言葉を連想しますが、
なぜ、車にpullが使われるのでしょうか?

これは、「馬の手綱(たづな)を引く」が由来です。
乗馬の際、馬の進行方向を変えたり、とまっていた馬を走らせたりするときに
馬の手綱を引きます。(rein horse back)

つまり、pull が、drive(maneuver) a vehicle という意味で
使われているのです。

注意しなくてはいけないのは、
pull over the car とは、あまり言わないことです。
車に乗っていて、「とめて!」と言いたいときは、
pull over といえば分かります。
(the car は言わなくても分かるので、省略するのが普通です。)

さらに、pull away や、pull off という表現もあります。
これは、pull をdrive に置き換えると容易に理解できると思います。

pull away from 〜と言えば、
「〜から車をどんどん引き離していく」ということです。
たとえば、追い抜いて後続車から
どんどん車を引き離していくときに使えます。

これはマラソンなどのレースにも使われます。
マラソンをしていて、先頭集団から
1人だけが抜け出して、
先頭グループを引き離していく場合がありますよね。
この場合も、pull away を使います。

なお、「追い抜くとき」は、pull ahead が使われます。

マラソンの先頭集団から抜け出すときは、
pull ahead of others(他人から抜きん出る)が使われ、
その後、だんだん引き離していくときは、
pull away from others が使われるというふうに、
覚えてください。

pull off は、車をとめるということですが、
エンジンを止めてしまうことです。

音声で、pull off on the shoulder of the road というフレーズが
聞きとれると思います。

これは「路肩に車をとめる」と訳されますが、
厳密な意味は、「路肩で車のエンジンをとめる」という意味です。
pull over とのニュアンスの違いを感じとってください。

さらに、注意しなくてはいけないのが、
pulloverが、頭からかぶる服やセーターの意味で
使われる場合があることです。
これはもともとはイギリス英語です。

私は、イギリス英語が弱いのですが、
アメリカでsweater と言われる服が、
イギリスではjumper または、pullover と
言われる場合があるそうです。
(イギリス英語に詳しい方、教えてください。)

ただし、pullover は、日本語でもカタカナ英語になっている
ように、アメリカでも服のことを指して使われるようです。

なお、フランスでもセーターのことを、
プルオーバーというらしいです。
(フランス語をご存知のかた教えてください。)

pullの話はこれくらいにして、もうひとつ。

それは、「路肩」についてです。
これを英語で、the shoulder of the roadと言います。
英語でも日本語でも、道路のへりのことを
「肩(shoulder)」というのです。
この偶然の一致、不思議だと思いませんか?
語源が一緒なのでしょうか?
ご存知のかたがいらっしゃったら教えてください。

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html
posted by ディビッド・ヒラキ at 16:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 通信講座より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディビッドさん、こんにちは。

ディビッドさんのおっしゃるとおり、日本語で言うセーターは、イギリスでは"jumper"か"pullover"ですね。
ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、ズボンは"trousers"(or "a pair of trousers")。 "Pants"は通常は下着のパンツことです。
それからもう一つ、ついでに、スニーカーはイギリス英語では"trainer"となります。

そう言えば、野菜もアメリカ英語とは違い、フランス語由来のものがありますね。
ズッキーニは"courgette"、茄子は"aubergine"。

他にもたくさんあると思います。
Posted by まき at 2006年12月21日 17:39
「路肩」は、the shoulder of a road でも、よいのですが、普通、米国ではcurbと言います。イギリスでは、kerbと言います。
Posted by 三木義和 at 2007年02月20日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29492055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アルクとは?
Excerpt: 皆さんこんにちは!! これからアルクの英語情報をお届けしたいと思います。 簡単にアルクの説明を。 アルクとは外国語を学びたい人に役に立つ情報や通信講座を 提供しているところです。 主な外..
Weblog: アルクで英語♪アルク情報
Tracked: 2007-01-13 13:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。