2007年01月22日

最も重要な英文法本

英文法を一通り学習したにもかかわらず、英文法が苦手という人に、
オススメの本を一冊だけ紹介してと頼まれたら、
私は、T.D.ミントン著の「ここがおかしい日本人の英文法1〜3」を
紹介します。特に時制が苦手という人には、1巻をおすすめします。
さて、その一巻から、時制ではないのですが、比較的簡単な
冠詞に関する問題を一つ。

次の二つの文の意味(ニュアンス)の違いは何でしょうか?

●問題(1)

(a) This is the house that Jack built.
(b) This is a house that Jack built.

●解答

(a) には、想定される意味が二つあります。


(1) ジャックは生涯でただ一つの家を建て、これがその家である。

または、

(2) いろいろな人が建てたある一群の家々の中で、この家(だけ)が
ジャックの建てた家である。



(b) ジャックは二軒以上家を建てて、この家はそのうちの一軒にすぎない。




本書を読めば、以下の問題にも答えられるようになります。


●問題(2)

A: Have you posted that letter for me? という質問に対して

B-1: No, I'll do it this afternoon.
B-2: No, I'm going to do it this afternoon.

●問題(3)

(a) I had two colds this winter.
(b) I have had two colds this winter.

●問題(4)

(a) I think she's beautiful.
(b) I suppose she's beautiful.

●問題(5)

(a) I'm going to go to France next summer. I’m going to study
French at a language school in Paris.
(b) I'm going to France next summer. I’m studying French
at a language school in Paris.

問題(5)については、
ネイティブスピーカーも違いが分かっても説明するのは難しいそうです。
著者も、英語教師になる以前であれば、うまく説明できなかっただろうと
述べています。


すべて、T.D.ミントンの「ここがおかしい日本人の英文法」より。


ここがおかしい日本人の英文法ここがおかしい日本人の英文法
T.D. ミントン T.D. Minton 安武内 ひろし

研究社出版 1999-10
売り上げランキング : 10183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここがおかしい日本人の英文法2ここがおかしい日本人の英文法2
T.D.ミントン 青木 義巳

研究社 2002-02-22
売り上げランキング : 26271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここがおかしい日本人の英文法IIIここがおかしい日本人の英文法III
T・D・ミントン 水嶋 いづみ

研究社 2004-09-09
売り上げランキング : 26213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html





ラベル:英文法
posted by ディビッド・ヒラキ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。