2007年01月24日

「賞味期限は自己申告」を英語で表現すると?

こんにちは、ディビッドです!

「賞味期限は自己申告です」

これを英語で表現すると?

こんなニュース記事がありました。

【以下引用】

 プリンとシュークリームの社内基準は、ともに品質試験に基づいた
 消費期限より2日短く設定されていたためJAS法に違反していない。
 異例の厳重注意を受けた桜井社長は「企業が定めたルールを
 きちっと守ることが食品製造に携わる者の基本だ。厳粛に
 受け止めている」と述べた。


 ●不二家、社内基準より消費期限ずらして13万個を出荷
 http://www.asahi.com/special/070115/TKY200701230376.html

【引用終わり】

この記事から分かるように、JAS法で品質試験に基づいた消費期限が
定められている上に、企業ごとに独自の期限をもうけているようだ。

つまり、商品に記載されている期限の意味は、
「JAS法の基準ではこの商品の期限は〜日までだ」ではなく、
「当社は本商品の期限を〜日までだと自己宣言します」という
ことなのだ。

つまり、メーカーごとで任意に決められた、
自己申告にもとづく期限というわけだ。

さて、この「〜は自己申告である」を、英語でどのように
表現できるだろうか?
 


「賞味期限は自己申告です」


ひらめきヒント:

1) The fressness dates are ( ).

   (    )に入る形容詞。

2) ラテン語の「ボランタス、Voluntas」、「自由意志」という
    言葉に由来する。

3) 「〜は、任意である」とも言い換えられる。


答えはコチラから↓
http://


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html






ラベル:賞味期限
posted by ディビッド・ヒラキ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。