2006年05月15日

新米演奏家、名演奏家

「新米ピアニストが弾くショパンのノクターンと、名演奏家のそれとは同じには聞えないでしょう」 【通訳の達人・2ヶ月目より】

【第一段階】文章のパーツ(文節)が言えるようになる。(単語をクリックするとMerriam-Websterによる発音が確認できます)

1.新米の演奏家、未熟な演奏家

   a novice musician

2.新米ピアニストが弾くショパンのノクターン

   a Chopin piano nocturne played by a novice musician

3.名演奏家

   a virtuoso

4.同じには聞えない

   not sound the same

【第二段階】パーツ(文節)を組み合わせて表現できるようになる。

A Chopin piano nocturne played by a novice musician and by a virtuoso
will not sound the same.


一枚目のシートで、文章のパーツが言えるようになります。
二枚目のシートで、そのパーツを組み合わせて表現できるようになります。
これを何度も繰り返します。

この表現でwillは、それほど重要ではありません。(ちゃんと発音しなくても通じます)学校教育では、文法に重点を置きますから、will という単語にこだわります。しかし、実際の表現ではそれほど重要ではないのです。重要なのは、語彙を増やし、文章のパーツ(文節)を幅広く言えるようになることです。これで通訳もできるようになりますし、英文もすらすら読めるようになります。

【翻訳・通訳の達人より】



posted by ディビッド・ヒラキ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

何問答えられましたか?

【通訳の達人-1ヶ月目-1週目】チャレンジされましたか?
何問くらい答えられましたか?

フレーズは、言えそうで言えないフレーズを厳選しています。
TOEIC800点ぐらいの方でも、
なかなか答えられないフレーズばかりです。

だからと言って、「難しい」という意味ではありません。
今、TOEIC500点の方でも一気に覚えてください。
どのフレーズも超実用的なものばかりです。

できれば初めてチャレンジするときは、何問答えられたか
記録しておいてください。

一ヵ月後、すべて答えられるようになった時に達成感を
味わうことができます。

ワークブックは、PC上でも出来ますが、できれば、
印刷して、上に穴を開けて、閉じて本にして持ち歩いてください。
そして、記憶したフレーズのシートは、外していけばいいのです。

また、順番を入れ替えてやってみるのもいいですね。

さらにシートを裏にしてやると、英語→日本語 に
通訳するトレーニングになります。

全部覚えたら、会社や学校で英語を勉強している人に
ワークブックをやってもらいましょう。

あなたがすべての問題を答えられるようになっていることに
驚くでしょう。自慢して、教えてあげてください。

さらに・・・

何度もやっていると、日本語を忘れて英語だけが一人歩き
してきます。どのような感覚か説明すると・・・

日本語の問題の最初の一文字や、イラストを見ただけで、
英語が出てきます。

歩いているときに、または、普段の生活で、問題と同じ場面に
遭遇したら、英語のフレーズだけが浮かんできます。

意味もなく、友達に英語のフレーズを教えたくなります。

以上はすべて体験談です。

何度も何度も反復して、あなたも、体験してみてください。

【翻訳・通訳の達人】


posted by ディビッド・ヒラキ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

静電気でバチバチっときた

「静電気でバチバチっときたよ〜」

I crackled with static electricity.

【通訳の達人より】

crackle 発音
posted by ディビッド・ヒラキ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

お金をおろさないといけない。

I have to get money out.

「お金をおろす」は、get money out と言います。
withdraw という単語もありますが、
実際の会話では get money outをよく使います。

一ヵ月目に「言えそうで言えない340個の表現」をマスター
【通訳・翻訳の達人より】




posted by ディビッド・ヒラキ at 12:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

ナプキンを膝におきなさい

Put your napkin on your lap.

「膝」と言えば、knee ですが、この場合は、on your lap と言います。

【通訳の達人より】
posted by ディビッド・ヒラキ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

この部屋はムッとしますね。

It's stuffy in this room.

「この部屋はこもっていますね」
(この部屋はムッとしますね)

一ヵ月目に「言えそうで言えない340個の表現」をマスター
【翻訳・通訳の達人より】
posted by ディビッド・ヒラキ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

テレビにかじりつく

「テレビにかじりついていてはダメです」

Don't be glued to the TV.

glue と言えば、のり(接着剤)です。

【翻訳・通訳の達人より】
posted by ディビッド・ヒラキ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「分かるような気がします」→微妙な感じ

「理解する」、「分かる」と言えば、
understand という単語を思い出しますが、

「分かるような気がします」という微妙な感じを表現したい場合は、

I think I understand. と言えます。

「何となく分かりますよ」というニュアンスです。
確信に満ちてはいません。

【翻訳・通訳の達人より】

本気で英会話を学習したい方はこちら。
【英会話の達人インターネット通信講座】




posted by ディビッド・ヒラキ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

テーブルをきれいにする→2つの言い方

「テーブルをきれいにしてください」は、2つのケースが考えられます。食事を食べ終わった後に、「お皿をさげてください」、「お皿を片づけてください」と言いたい場合と、テーブルの上が汚れているときに、「テーブルを拭いてください」と言いたい場合があります。それぞれ次のように言います。

●「お皿をさげてください」

Could you clear the table?

●「テーブルを拭いてください」

Could you clean the table?


【翻訳・通訳の達人より】





posted by ディビッド・ヒラキ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳・通訳の達人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。