2006年12月05日

O.J.シンプソンはなぜ無罪になったか―誤解されるアメリカ陪審制度 by 四宮 啓

O.J.シンプソンはなぜ無罪になったか―誤解されるアメリカ陪審制度
O.J.シンプソンはなぜ無罪になったか―誤解されるアメリカ陪審制度四宮 啓

おすすめ平均
starsドラマではなかなか知り得ないアメリカの裁判制度
starsこれでもシンプソンを有罪にできるというのか?! 陪審制に対する見方を変えてくれました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


O.J.シンプソンはなぜ無罪になったか―誤解されるアメリカ陪審制度 by 四宮 啓


ポイント
●not guilty は、「無罪」ではない。
●陪審員制度の誤解。
●米国の訴訟の流れが学べる。
●米国の訴訟では、なぜ損害賠償金がとんでもない額になるのか。
●さまざまな訴訟用語が詳しい解説付きで学べる。


OJシンプソンの裁判のとき、ちょうど僕はアメリカにいた。

高速道路での逃走シーンの中継や、新聞の報道、
同僚の意見などから判断して、
当然、OJシンプソンは有罪だと思っていた。

だから無罪になったときには驚いた。
(無罪になってもほとんどの米国人は有罪だと思っていた。)
そして、その後、民事裁判で有罪になったのにも驚いた。
さらにその賠償金が何十億という、日本の常識から考えると、
とんでもない額であったことにも驚いた。
どうしてそんなことが起こるのか、ずっと疑問を抱いていた。

しかし、本書によってそのすべての謎がとけた。
そして、陪審員制度に対してかなり誤解していたことに気づいた。
本書を読めば、OJを有罪にはできないということが分かる。
米国の裁判の流れが非常に分かりやすく理解できる。
そして、米国の訴訟で賠償金がとんでもない額になる理由も分かった。

米国でニュースを見ると、訴訟の話が1日1回は必ず出てくる。
訴訟に関する単語を知っていても、それが本当に意味するところや、
裁判全体の流れが理解できていないと、本当の理解はできないのである。
しかし、本書を読めば、その流れや、それぞれのプロセスの意味が
明確に理解できる。

私たちは、英語で、guilty を「有罪」、not guilty を「無罪」と
訳しているが、これは本当はまちがった解釈であることも分かった。

そのことについて書いてある部分を引用してみよう。(ページ85)

刑事裁判の結論は2つしかない。検察官の立証に「合理的疑問はない」か
「合理的疑問が残る」かだ。「犯人だ」と「犯人ではない」ではない。
「合理的疑問はない」が有罪であり、「合理的疑問が残る」は無罪である。
しかし日本語でいう「無罪」にはどうしても「無罪=無実=犯人ではない」
というニュアンスがつきまとってしまう。しかし繰り返すが、刑事裁判で
いう「無罪」は、合理的疑問が残る結果「有罪とはいえない」ということ
である。もちろん「真っ白」という意味での無罪もあるだろう。
しかし、刑事裁判では、無罪推定の原則によって、すべての被告が等しく、
合理的な疑いを越えて有罪と証明されるまでは無罪と推定されるので、
検察官が立証に失敗した(つまり合理的な疑いが残る)という意味では、
「無罪」と「有罪とはいえない」とを区別しないのである。
英語の「ギルティー(Guilty有罪)と「ノット・ギルティー(Not Guilty 
有罪とはいえない)」という表現は、この点を正確に表している。 
(引用終わり)

また、米国の訴訟で賠償金がとんでもない額になる理由も分かった。
それは、日本と同じ普通の損害補償(補償的損害賠償 Compensatory
Damages)に加えて、懲罰的損害賠償(Punitive Damages)と呼ばれる別の
賠償金があるからだ。詳しくは本書を読んでほしい。

本書は、英語の勉強にもなる。さまざまな訴訟用語が詳しい解説突きで
学べるのである。(特に面白いと思ったのは、Jury Selection、
Voir Dire、Garbage in, garbage out、Jury Nullification など。)



メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html





posted by ディビッド・ヒラキ at 12:24| Comment(1) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

英語で上手に質問する by 崎村 耕二

「話し上手は聞き上手」とよく言いますが、これは英会話でも同じです。

しかし、「聞き上手」といっても、
ただ黙って聞いているわけではありません。
「沈黙は金、雄弁は銀」とは言いますが、ただ沈黙していてはいけない
のです。

相手の話をしっかり理解して、相槌を打ち、時には相手の言っていることを
復唱し、そして的確な質問をすることが大切です。

そのためには、英語の相槌や質問のパターンを覚えておくことです。
次の参考書が役に立つのでチェックしてみてください。

「英語で上手に質問する」 by 崎村 耕二

「 コーチングのプロが使っている質問力ノート」
            by ルパート・イールズ=ホワイト
→ 原書も読んでみましょう。ビジネスの現場の会話事例が豊富です。


英語で上手に質問する by 崎村 耕二

英語で上手に質問する英語で上手に質問する
崎村 耕二

創元社 2006-07-14
売り上げランキング : 44309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コーチングのプロが使っている質問力ノート by ルパート・イールズ=ホワイト

コーチングのプロが使っている質問力ノートコーチングのプロが使っている質問力ノート
ルパート・イールズ=ホワイト

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2004-02-15
売り上げランキング : 12612
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ask the Right Question: How to Get What You Want Every Time and in Any Situation by Rupert Eales-White

Ask the Right Question: How to Get What You Want Every Time and in Any Situation
Ask the Right Question: How to Get What You Want Every Time and in Any SituationRupert Eales-White

Mcgraw-Hill 1998-02-01
売り上げランキング : 83514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html


posted by ディビッド・ヒラキ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

日本語の作文技術 by 本多勝一

翻訳家志望の方は、英語ばかり勉強しているようですが、
もっと日本語の作文技術を勉強するべきではないでしょうか。

翻訳は、英文解釈に間違いがないということを前提とすれば、
最終的に、日本語の作文技術に差が出るのです。

日本語の作文技術のものすごいコツがたくさんつまっている本があります。

朝日新聞の本多勝一さんの日本語の作文技術です。

聞くところによると、新聞記者、編集者、作家、翻訳家など、
文章を書く仕事をしている人の必読本となっているようです。

新装版 日本語の作文技術新装版 日本語の作文技術
本多 勝一

講談社 2005-09-10
売り上げランキング : 55019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新装版 日本語の作文技術 by 本多勝一(ほんだ・かついち)


文章の書き方についての本はたくさん出ていますが、
その中でも本書は特に役に立つ一冊でしょう。

ぜひ机の上の本棚の一冊に加えてください。

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html



posted by ディビッド・ヒラキ at 13:55| Comment(1) | TrackBack(1) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

知らない単語からひろがる可能性

言葉をどんどん覚えていく子供は、「質問中毒」になっています。
小学一年の娘は、最近、質問ばかりして私を困らせます。

「むざいって、どういうこと?」

「え、無罪? 罪が無いってことだよ」

「つみって、 どういうこと?」

「えーと…」

答えは、新たな質問を生み、なかなか「納得」までたどりつきません。
お父さんも「汗だく」です。

しかし、このプロセスを繰り返すことで、新しい言葉がどんどん
「インプット」されていくようです。

私たちは、大人になると語彙を増やすという作業をやらなくなります。
なぜなら、ある程度理解できているのことに満足してしまうこと、
そして、知らない単語を調べるのが面倒だからです。

しかし、それでは語彙は増えないですし、言語能力は伸びません。
常に100%の理解を目指していくところに上達があるのです。
 
よく、「言葉で表現できることは限られている」といいますが、
それ以前に、私たちは、言葉の可能性を100%使い切っていない
のではないでしょうか。

言葉の可能性を増やすと、自由になれます。
つまり、表現したいことが、どんどん表現できるようになります。

英語も語彙を増やせば増やすほど、書いたり、話したり、聞き取ったり
するのが楽になってきます。ストレスが無くなってきます。

さて、大人が語彙を増やすには、おじいちゃんに訊くのではなく、
「辞書」を使います。

ある程度英語ができるようになったら――そうですね…TOEIC800点
くらいになったら、英英辞典を使って、知らない単語を調べてみては
いかがでしょうか?

知らない単語が、英語で説明されている――難しそうです。

しかし、面白い遊びができるのです。たとえば、知らない単語の定義
(説明)の中に知らない単語があったとします。
そしたら、それを英英辞典でまた調べる。

これを繰り返していくと、何度も調べることになりますが、
最後に「納得」までたどりつきます。

これは、先ほど子供に、「無罪」という言葉を教えたときと同じ
プロセスです。「無罪」という言葉だけでなく、「罪」という言葉も
覚えられる。反対の「有罪」有罪という言葉も覚えられる。
さらに、「有無」という言葉も分かる。さらに、「有る」「無い」と
いう表現も覚えられる。

このように連鎖して色々な表現が覚えられます。
まさしく、一つの知らなかった単語に無限の可能性があるのです。

このようなプロセスをあとでノートにまとめると、知らない単語ひとつ
からものすごく可能性が広がっていきます。これを、遊び感覚で
やるのです。

また、このプロセスで、どうしても分からないことも出てきます。

たとえば、前回のメルマガで、fat という言葉を取り上げましたが、
これを英英辞典で調べると、overweight であったり、plump であったり、
chubby という言葉も出てきます。

どうやら、これらの言葉は、同じように使われているらしい。
でも、どんなニュアンスの違いがあるのだろう?

こういった疑問が出てきます。

もちろんそのときに深入りして調べることもできますが、
時間がないときは、ペンディングリスト(後で探求することリスト)に
入れておきましょう。

すでに、その質問に対するスイッチがオンになっているので、
シンクロニシティが起きて、どこかでその答えと巡り合えるはずです。
(意識しているので、気づきやすくなる)

こうしたプロセスを通して、語彙が豊富になっていくのです。

最後にオンラインで使える英英辞典を一つ紹介しましょう。

ワンルック・ディクショナリー・サーチ
http://www.onelook.com/

数々のオンライン英英辞典サイトを横断検索してくれます。
実際の辞書を何冊もめくるのは大変ですが、これなら知らない単語を
入力するだけで自動で調べてくれます。あとはクリックするだけです。

翻訳家も使っています。

あれ? 今日はずいぶん話が長くなってしまいました。
これくらいにしておきましょう。


【英会話の達人インターネット通信講座】

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html



posted by ディビッド・ヒラキ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

トイレを貸してください。

「借りる」と言えば、rent と borrow ですね。

rent と違い、「タダで借りる」のが、borrow です。

それでは質問です。

「トイレを貸してください」は、何と言いますか?

---------------------------------------------------------

May I use the bathroom? と言います。

May I borrow the bathroom? は、日本語英語です。
このように言うと、If you'll be sure to return it.
(もとのところに返しておいてくれるならいいよ) と、
ジョークを返されます。トイレは使わせてもらうもので、
借りて持ち帰るものではないからです。

また、May I use the bathroom? という表現を使わずに、
「トイレに行きたい」と言って席を立つ時は、口語では、
次のように言います。

I've gotta go (to) the bathroom. (アガッタゴーバスルーム)
Gotta go the bathroom. (ガッタゴウバスルーム)

bathroom のth は、ちゃんと舌を噛んで、スーという歯から抜ける音を
発音しましょう。日本語風の「ス」の発音をしてしまうと、
busroom (バスの部屋?)となってしまいます。

borrow の意味を、「持ち運び可能なものを一時的に借りる事」と
限定している辞書がありますが、それほど厳密ではありません。
例えば、次のような表現もあります。

May I borrow your telephone?

May I borrow the car?

「トイレ」は、一般家庭や会社では、bathroom と言うのが一般的です。
トイレットとは言いません。会社のトイレにはお風呂は付いていませんが、
bathroom と言います。


公園などの公共のトイレはrestroomという場合があります。
または、men's room とか、women's room とも言います。

bathroom と言うと、日本語では、「お風呂」を連想しますが、
日本語で、「便所」と言わないように、アメリカでも、直接的な表現は
しないのです。

【英会話の達人】

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html

posted by ディビッド・ヒラキ at 13:25| Comment(3) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

I'm sorry が使いこなせない。

日本人が案外使いこなせないのがこれです。

I'm sorry.

I'm sorry. と言えば、日本人は、「すみません」という意味だけを
連想するようですが、実は、もう一つの使い道があります。

それは、「同情」を表すときです。

悲しい話、たとえば、誰かが病気とか事故にあった話などを耳にしたら、
I'm sorry. と言うのです。

このような同情を表す I'm sorry. がすぐに出てきません。

また、日本人は、英語で、Thank you. (ありがとう)という場面で、
「すみません」と言う場合があります。これに引きずられて、
Thank you. という場面で、I'm sorry. と言ってしまう日本人が多いのです。



メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html

posted by ディビッド・ヒラキ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ジョン・グリシャム作品で英語学習

The Firm
The FirmJohn Grisham

おすすめ平均
stars初めてこの人のを読みましたが・・・
starsこんな会社本当にあるかも
stars読みやすい!
stars何回読んでも楽しめる一冊!
starsWhat the hell!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Firm John Grisham 法律事務所 ジョン・グリシャム


The Client(Penguin Readers:Level4)
The Client(Penguin Readers:Level4)John Grisham Janet McAlpin

おすすめ平均
stars分かり易い、読みやすい、面白い。。。
starsワンパターン
stars人物描写がていねいで読後感もさわやか
starsお勧めの読み方の一つとして
stars簡単法律サスペンス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



The Client John Grisham 依頼人 ジョン・グリシャム


アメリカで一番人気のあるエンターテイメント作家と言えば、
ジョン・グリシャムでしょう。彼はもともと弁護士で下院議員もやって
いました。

ザ・ファームが800万部以上売れ、今や、初版で250万部
刷られるそうです。出せば絶対ベストセラーです。

あなたにアメリカ人のお友達が10人ぐらいいるならば、
そのうち1人ぐらいは、はまったことがあるはずです。

また、アメリカの国内線に乗ると機内でかならず一人は読んでいます。

ジョン・グリシャムは、なぜ売れるのか?について、
作家みずからが答えています――「無実の人が陰謀に巻き込まれ、
そしてそこから脱出する」このようなストーリーがみんな好きなんだろう。

その売れるツボをおさえたグリシャムは、このストーリー展開を
毎回貫きとおしているようです。ときにワンパターンと言われますが、
しかし、読むとはまってしまうところが、くやしいところです。
売れる本ってこんな感じなのね〜という勉強にもなります。

洋書の入り口としてもオススメです。
また、アメリカ人とビジネスをしている人は、一冊ぐらい読んでおくと
話のネタになるでしょう(笑)

あ、それと、日本でも陪審員制度が導入されるようですから、
日本の将来をイメージして、アメリカの裁判事情をのぞきみるのも
面白いと思います。

映画化された作品です↓

『評決のとき』、『依頼人』、『ペリカン文書』、『ニューオーリンズ・トライアル』、『ザ・ファーム/法律事務所』

ひとつぐらいは、みたことありますよね。


posted by ディビッド・ヒラキ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

大人の英会話は遠回しに

センスの良い大人の英会話には、遠まわしの表現が不可欠です。
直接的な言い回しは避けるのです。

たとえば、アメリカでは「トイレ」を「bathroom」と言います。
日本語でも「便所」とは言いませんよね。

もちろんbathroom に行くと言っても、「風呂」に行くわけではありません。
アメリカの住宅ではトイレとお風呂が一緒になっていますが、
お風呂と一緒になっていない会社のトイレに対してもbathroomと言います。

「私たち同棲しています」は、We live together. です。

直訳すると、「私たちは一緒に暮らしています」ですが、
これで、「同棲している」という意味になるのです。

「同棲」という言葉を和英辞典で調べると、
難しい単語も出てきますが、普通は、We live together.で伝わります。

また、「私たちは離婚しました」を、We are divorced. とは言いません。
直接的すぎて、粋な大人の会話にふさわしくないのです。

それではどのように言えばいいのでしょうか?

たとえば、このように言います。

David and I are no longer together.

「デビッドと私はもう一緒じゃないの」

【英会話の達人インターネット通信講座】


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html

posted by ディビッド・ヒラキ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

日本文学英訳分析セミナー

日本文学英訳分析セミナー―なぜこのように訳したのか
日本文学英訳分析セミナー―なぜこのように訳したのか前田 尚作

昭和堂 2006-06
売り上げランキング : 216197

おすすめ平均 star
star恐るべき深読みの書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本文学英訳分析セミナー―なぜこのように訳したのか by 前田 尚作

英文学の翻訳を解説した本は、たくさん出版されていますが、
本書は、「日本文学の英語への翻訳」を「分析」した珍しい書です。

論文調で書かれているので、英語を気軽に勉強したい人には、
オススメできません。

しかし、深い洞察がたくさん盛り込まれているので、プロのライターを
目指す人が読めば、文章作成技術をワンランク上げる事ができるでしょう。

以下、本文より一部紹介します。

(62ページ、「焦点の差し替え」より)

(1)Switch on the light. と(2)Switch the light on. は、
文末焦点の位置にくるものが異なっている。(1)の焦点位置には、
いろいろな電気器具が起こりうるのだから、(1)からは、たとえば、
「テレビではなく、電気をつけた」というメッセージが伝わる。
(2)の文末には、通常、on か off がくるのだから、(2)は
「電気を消したのではなくて、つけたのだ」というメッセージが伝わる。

また、John died on Monday. と言えば、ジョンがなくなった日を伝えて
いることになるが、On Monday died John. と言えば、「月曜日に誰かが
なくなったこと」を知っている人に、死者の名前を伝えることになる。

このように、英文の文末焦点の位置に何がくるかにによって、異なった
メッセージが伝わる。


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html










posted by ディビッド・ヒラキ at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

血を止める

「血を止めなさい」、「血が出てる?」

the を付けるか付けないかで大きく意味が違ってきます。


「血を止めなさい」

Stop the bleeding. と言います。

the を付けないで、Stop bleeding.と言うと、
「体から血を出すのをやめなさい」という意味になってしまいます。


「血が出てる?」

Am I bleeding? と言います。


【翻訳・通訳の達人より】

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html




posted by ディビッド・ヒラキ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

meet withの誤解

50thアニバーサリー・コレクション<デラックス・サウンド+ヴィジョン>
50thアニバーサリー・コレクション<デラックス・サウンド+ヴィジョン>ジェームス・ブラウン

ユニバーサルインターナショナル 2004-08-04
売り上げランキング : 58761

おすすめ平均 star
starはじめてのかたもいいですね。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



空港で、歌手のジェームス・ブラウンに見かけた友人は、
興奮して私に電話をかけてきて言いました。

「ジェームス・ブラウンと会ったよ!」

これを英語で、I met with James Brown.と言ってしまうと、
ジェームス・ブラウンと打ち合わせなどをするために
アポイントメントを取って会ったように聞こえます。

空港でただ見かけただけの場合は、with を省いて、

I met James Brown.と言います。

または、I saw James Brown. と言います。

【英会話の達人インターネット通信講座】

メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html





posted by ディビッド・ヒラキ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

訳せない言葉

翻訳や通訳には限界があります。すべての言葉を、まったく100%、
同じようなニュアンスで訳すことは不可能なのです。

例えば、ある洋画で、自分の家に届く郵便物の束を見て嘆くシーンが
ありました。

Bill, bill, bill.... Oh, William.. bill, bill...

「請求書、請求書、請求書、あ、ウィリアムからだ、請求書、請求書…」

これは、ウィリアムというところで、笑ってしまうジョークなのです。
なぜなら、ウィリアムという名前の愛称は、Bill なのですから。

このようなジョークは簡単に訳しようがない。
注釈や解説を入れてもいいのですが、それで意味が分かっても、
ダイレクトに笑いが伝わらない。ちなみに、字幕はこの部分はまったく
訳されていませんでした。

日本語から英語に訳す場合でも同じようなジレンマがあります。

例えば、重松清さんの「流星ワゴン」にこのような一文があります。

「山手線で新宿まで出て、私鉄に乗り換える前にまた酒を、今度は売店の
ワンカップを飲んだ」

この、「ワンカップ」が訳せない。

「ワンカップ」は、「ワンカップ大関」という安い日本酒です。

「売店で買うワンカップ」を使うことで、日本人であれば、共通する
イメージを持ちます。それは、なにか貧乏くさいとか、悲しい感じと
いうか、そのようなニュアンスが、ワンカップで表現できるのです。

しかし、ワンカップと言われても、日本人以外にはまったくピンと
きません。言葉から連想されるイメージは、文化的背景に依存するのです。

このように考えてみると、「翻訳も通訳もそれほど完璧主義になっても
しょうがないなあ、限界があるのだから」とある種、あきらめの感覚が
生まれてきます。

流星ワゴン by 重松清





posted by ディビッド・ヒラキ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

speakingとto speakの違いとは?

「ハートで感じる英文法」(大西 泰斗、ポール・マクベイ)は、
本当に分かりやすくて面白い!素晴らしい参考書です。
この本から少し紹介してみましょう。

次の2つの英文の日本語訳は同じです。

  Speaking with your mouth full is very rude.
  To speak with your mouth full is very rude.


  (「口に食べ物を入れたまま話すのは行儀が悪い」)

しかし、ニュアンスが違います。

その違いとは何でしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ハートで感じる英文法」(大西 泰斗、ポール・マクベイ)より引用。

[1] Speaking with your mouth full is very rude.
[2] To speak with one’s mouth full is very rude.


-ing には常に活き活きとした躍動感が感じられます。できごとがリアルに
展開する感触 − 主語の位置に置かれ名詞として使われるときも、それは
変わらず保たれています。to不定詞は、一方、リアリティに欠けた漠然と
した状況が想起されます。

[1]のコンテキスト(文脈)でジョンは、お母さんの前で、もぐもぐしながら
おしゃべりをしています。Speaking with your mouth full.. は、
そのリアルに展開している状況を映しているのです。一方to 不定詞の
「漠然とした状況」にリアリティは感じられません。

a. I like playing with my kids in the park.
b. I like to play with my kids in the park.


どちらの文も日本語訳してしまえば「公園で遊ぶのが好き」になって
しまうでしょう。ですが質感が違います。a.は公園で「よっし、次は
滑り台だっ」などその状況を生き生きと思い描いているのに対して、
b.にはそんな雰囲気はありません。単に「公園で遊ぶのが好き」、
概括的に自分の好みを述べているにすぎないんですよ。

To speak with your mouth full is very rude. のように、to不定詞は
主語位置に置かれると、ルール臭・法則臭が強く感じられます。
「食べ物を口に入れたまま話すことはぁ、・・・」、リアリティから
離れた漠然とした感触が強調されるからですよ。

a. Smoking is dangerous to your health.
b. To smoke is dangerous to your health.

(喫煙は健康に有害です)

みなさんはどちらを選びますか?ははは。どちらでもいいんですよ。
だけどタバコのパッケージに書いてあるのはsmoking。リアルな-ingの
おかげでdangerous(危険です)が身近に感じられ、パンチの効いた表現に
なっているからですよ。

to不定詞と-ingの違いに過度に神経質になる必要はありません。
「to不定詞(-ing)を選んだらまちがいだ」なんて話では決してないん
です。ただそこに「リアリティ⇔漠然」というタッチの違いがあるという
こと。-ing はいつでも生き生きなんだということ。
それだけはつかんで
おいてくださいね。

以上、
「ハートで感じる英文法」(大西 泰斗、ポール・マクベイ)より引用。













posted by ディビッド・ヒラキ at 14:25| Comment(3) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

雨漏りしているよ

天井から水がポタポタ・・・
「見て!雨漏りしているよ!」

Look! The rain is leaking in!

in を忘れないように!

【通訳の達人】
posted by ディビッド・ヒラキ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

fish=「釣る」ではない。

fish = 「釣る」と誤解している人が多いようです。

fish は、「釣りをする」、「魚を釣ろうとして釣り糸をたれる」という意味です。「魚を釣り上げる」という意味で使いません。「魚を釣り上げたとき」には、catch または get を使います。

次の例文で覚えましょう。

I fished all morning, but I didn't catch any fish.

「私は、午前中ずっと釣り糸をたれていたけど、一匹も釣れなかった」


【翻訳・通訳の達人】


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html

posted by ディビッド・ヒラキ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

英文法解説

英文法の参考書を一冊だけ選ぶとしたら、江川泰一郎さんの「英文法解説」です。英語教師や翻訳家の机上に必ず備わっていて、もちろん受験生にも愛用されています。演習問題もあって、非常にわかりやすいです。

『英文法解説』by江川泰一郎


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html




posted by ディビッド・ヒラキ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ダ・ヴィンチ・コード

米カトリック系団体は、映画「ダ・ヴィンチ・コード」に抗議し、
関連会社が映画を配給しているソニーの全製品の不買運動を
映画公開に合わせ19日から始めるそうです。

キリストが子どもをもうけ、教会はその事実を隠してきたという
ストーリーに対して全世界のキリスト教徒と批評家から、
「うそと中傷に満ちている」などの批判が出ているそうです。

しかし、原作は、なんと全世界で5000万部も売れているそうです。
(日本では400万部)
良くも悪くも、これだけ話題になっている映画は見たくなりますね。

さて、映画の結末は知りたくないですが、簡単にどんな話なのか、
映画や本を楽しむ前に、ファンの人から教えて欲しいものです。
そんな時に使える決まり文句はこれです!

「どんな話ですか?」

What's it about?

簡単ですね。What's it は、What is it の短縮形です。
また、出演者や俳優を聞きたい場合の決まり文句もあります。

「誰が出ているの?」、「誰が出演しているの?」

Who's in it?

ちなみに私は、ゲイリー・オールドマンが出ている作品は、
無条件で見たいです。

【復刻版英会話の達人CD】


メルマガ『日本語英語なおします』の登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000094772.html




posted by ディビッド・ヒラキ at 14:34| Comment(1) | TrackBack(5) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

英和翻訳表現辞典

by the way と言えば、「ところで」です。
日本人はなぜかこの表現を多用します。なぜでしょうか。(笑)

さて、英日翻訳をしていると、(by the way = ところで)と、
いつも杓子定規に訳していると、翻訳調のカタイ文章になりがちです。
それではいけないと、他の日本語表現を探すのですが、思い浮かばない。

そんなときは、『英和翻訳表現辞典』の助けを借りましょう。

それでは、同辞典で、by the way を調べてみましょう。

by the way

「ところで」とか「ついでながら」とかいろいろに訳せるが、特に評論文
などでは「なお」と訳せば簡にして要を得ている。
「話は変わる(違う)が」と訳してもよい。
By the way, this fact is mentioned in detail in his other essay.
「なお、この事実はこの著者のほかの評論の中で詳しく述べられている」


『新編 英和翻訳表現辞典』 by 中村保男(研究社)
翻訳の仕事をされている方は必携です。


【英会話の達人インターネット通信講座】

【翻訳・通訳の達人】




posted by ディビッド・ヒラキ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

「初めまして」は死語。

私たちは学校で、初めて出会った人には、
How do you do? (「初めまして」)と言いなさいと習いました。

しかし、実際アメリカに行ってみると、How do you do? は、
まったく使われていないことに気づきます。

実際は、初めて会った人にでも、Hello.や、How are you doing? と
言っています。(または、Nice to meet you.)

つまり、How do you do? は死語になっているのです。
そう言えば、日本語でも、初めて会った人に「初めまして」とは
あまり言わないですね。

ちなみにHow do you do? と言うと、気取っているとか、
場合によっては、相手を馬鹿にしていると誤解されるようです。

【通訳の達人】

【英会話の達人インターネット通信講座】

posted by ディビッド・ヒラキ at 20:41| Comment(3) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

記憶の4つの階段とは?

「なかなか単語を憶えられない!」
「せっかく憶えた単語やフレーズをしばらくすると忘れてしまう」

このような悩みは誰もが持ったことがあると思います。

アンドリュー・S・ルイス氏によれば、
記憶の強さには4つの段階があるそうです。

この4つの段階を意識して学習をプログラム化すれば、
非常に短期間で効率的に記憶量を増やせるのではないかと思い、
「通訳のトレーニング」を想定して、e-bookで、実験してみました。

すると、なんと!ものすごく効果が実感できたのです。
とにかく一度試して欲しいです。笑いたくなります(笑)


試してみると、「1ヶ月でプロの通訳になれる!」というイメージが
浮かぶかもしれませんが、1ヶ月で、というのは無理です(笑)

詳しくはコチラより↓
翻訳・通訳の達人






最強の記憶術 by アンドリュー・S・ルイス



posted by ディビッド・ヒラキ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。